• 涌井史郎岐阜県立森林文化アカデミー学長

    「森林教育を担う立場からも、この映像を通じ、普通であり続けながら、少し明日に向かいながら、大自然と共に生きる素晴らしい職業分野の存在を多くの若者に感得してほしい」

  • 渡邉正樹東京学芸大学教授

    木樵は常に危険と向かい合いながら山林を守り続ける厳しい仕事だ。この作品は失われつつある木樵の技と気宇壮大な山々を,確かな目を通して映し出した貴重な記録である。

  • 後藤治学校法人 工学院大学理事長 特定NPO法人 伝統木構造の会・顧問

    木造建築関係者必見。日本の木は山で育つ。木を伐採し社会に送り出す人の仕事と日常から、それが当たり前のことではないことを、この映画は我々に語りかけてくれる。

  • 伊藤栄一森のなりわい研究所(下呂市)

    この映画は、時間の流れの中で培われた「山村の暮らし」「森とのかかわり」が、戦後の日本の変化に翻弄されつつ、「現在」の中でも、その「心」を継承していることを語っている。映像に記憶された「山の暮らし」が、今後、どのように継承されるか、または消えていくのか。それを考えさせてくれると同時に、後世の比較検証を可能にしてくれる「記録」としても、価値のあるドキュメンタリーだと思う。

  • 朝倉美江金城学院大学教授

    気候危機、格差の拡大に当面する今、縄文時代から続く木樵(きこり)の生き方は、森や動物と人々が共に生き、地域の文化を創り、そこに悠久の時があることを豊かに伝えてくれる。

  • 大倉正之助重要無形文化財総合指定保持者 能楽師

    木樵(きこり)とは山を守る人のことでもある。
    山を守るということは、海を守ることにも繋がる。
    そして海を守るということは、地球環境を守ることにも繋がる。
    この映画を通して、多くの若い人に伝承文化を継承することの大切さを理解してもらいたい。

  • 樋口高顕千代田区長

    木こりの仕事で長く生計を立てている面家さんの生活を通して、それを取り巻く地域のコミュニティの皆さんが厳しい状況に置かれながらも豊かな人生を送る様子をリアルに感じました。

  • 花柳琴臣日本舞踊家

    四季ごとに表情を変えていく飛騨の山々を眺め、癒されるばかりでしたが、映画を拝見して、その山を舞台に大変なお仕事を黙々とされている姿に強く心を打たれました。